私の腰はいつもだるく、痛みがあるときは、気を付けて行動しなければなりませんでした。幼かった我が子と遊ぶ時も腰痛を気にし、思いっきり遊ぶ時間をたくさん持てませんでした。もっと早く川口整体院さんに出会えていれば、子供とかかわる時間をもっと良い思い出にできたはずでした。

平成28年の冬は、特に腰の痛みが強く、平成28年11月~平成29年3月は以下のような状態でした。

駅の階段の乗降りの人たちの平均より少し遅い歩調が限界で、走れませんでした。急いで階段を乗降りし、腰に負担をかけると一週間ほど強い痛みが腰に出ました。クシャミをする時も少し気を付けてしていました。思いっきりクシャミをすると腰を痛めてしまうことがありました。

帰宅時、うがいをして少しえずいてしまった時、腰回りの筋肉が傷んでしまうのはよくあるので、気を付けてうがいをしていました。また、うがいの時には、背中を反らすので、これも気を付けていました。時々便秘をし、トイレで気張ると、腰やその周囲が痛くなりました。

仕事で重い荷物を持つと10日ほど痛みが続きました。自転車に乗ると少しの段差や、アスファルトの凹み程度の振動が腰に響き、後で腰がだるくなることがありました。映画館で2時間ほど座っている間、何とも言えない腰の痛みに襲われ、座っているのが苦痛で映画に没頭できませんでした。観た後は腰が痛くなり、一週間ほど痛みが続きます。

睡眠時、寝返りを打ち、うつ伏せ状態になり目が覚めると、当たり前ですが、腰が反った状態になる。すると腰痛が悪化するので、入眠時は、眠っている間にうつ伏せにならないようにと、自分を戒めてから寝ていました。

職場で自分の椅子に座っていると、腰に何とも言えない痛みが出て、1時間座っていられなくなってしまいました。1時間弱座ったら、しばらく立ち仕事をし、また座る、の繰り返しでデスクワークがはかどりませんでした。

これではどうしようもない、人生終わったと思い、どうにかしなければいけないと痛切に思いました。以前、クリニックのリハビリ助手だった私は、病院のリハビリは自分に合っていないと知っていたので、自宅近くの整体院をグーグルマップで探しました。近くに川口整体院さんがあり、藁にすがる思いで施術を受けました。

すると、川口先生の一度目の施術で腰がよくなり、二度目の施術後から腰がすごく軽くなりました。重いものを持っても以前のような痛みが出ず、筋肉痛のような感覚のみです。また、普段の行動で腰回りの筋肉が強化されていると感じました。

上記に述べた、去年の冬のすべての行動(映画館はまだ行っていないので不明)において、痛みやだるさが無くなりました。日常生活の行動や、外出や家族との触れ合いが楽しくなりました。病院(西洋医学)のみ信じていた私は、東洋医学もすごい力があることを川口先生は教えてくれました。

調子が良くなりましたが、これからも時々通院させていただきます。

〈所沢市 東所沢 男性〉

※〈体験談〉は、個人の感想であり、必ずしも結果を保証するものではありません。