腰痛の方が、時々購入される骨盤ベルト。

使っているうちに、ベルトを巻くことに意味を置いてしまって、

本来の目的を果たしていない方がちらほらと。

 

骨盤ベルトは、骨盤部にある仙腸関節の動きを制限させるもの。

ですから、この部分にしっかりとベルトが巻かれていないと、意味がないというか、問題も起きてくる。

腰に巻くのではなく、骨盤に巻くようにすること。

 

目安は、骨盤の横の出っ張り。

この部分は、大腿骨の大転子という部分。

この出っ張りにベルトがかからないように、ギリギリのところでベルトを巻くのだ。

この時、骨盤の骨の上にベルトが巻かれているかを確認してね。

 

本来、骨盤ベルトは応急処置的なもの。

腰の状態が良くなれば、使う必要はない。

ちょっと心配だからと、常に巻いている人がいるが、それは間違い。

 

腰の状態を良くして、自分の筋肉や靭帯で支えていくのが正解。