過去の古傷に影響されて、肩こりや腰痛が起こることがある。

古傷をもって来院される方に多いのが、

アキレス腱を切っていたり、ねん挫で足首の骨を折っていたり、手首を折っていたり・・・という人。

 

腰痛の患者さんを見るときに、私はまず足首を見ます。

もちろん、足首だけが原因と言う訳ではありませんが、腰の位置を決定する土台を見る感じです。

歪みを見たり、動かしてみて柔軟性を見たり、ある部分に硬さがないかを確認します。

 

足首に歪みがあれば、その上に乗っているものに歪みが出てきます。

足首が硬く、柔軟性がなければ、歩いた時の衝撃が、足首以外のところで負担を受けます。

膝や股関節、骨盤にある仙腸関節の部分に大きな負担がかかることになります。

 

腕や手首の場合も同じです。

手首の硬さや、腕に捻じれがあると、肩に負担がかかります。

お仕事で、重い物を持ったり、パソコン作業でキーボードを叩いていると、肩こりになりやすいのです。

 

手首や足首の硬さがあったり、腕や脚が捻じれているようなら、

ちょっと意識して、ストレッチしたり、動かしていきましょう。

色々やってみて、あまり変化を感じないようなら、お近くの整体院まで行ってみてくださいね。