先日、台湾に行ってまいりました。

ただ観光地を巡るだけでなく、基本的には人生勉強のつもりで、

色々なところに目を配らせて、日本との違いを探したり、人間観察をしたり、見知らぬ人に話しかけたり(写真を撮ってもらったり、メニューのオーダーをしたり)・・・。

 

仕事柄、やはり手技療法のお店などはちょっと気になりました。

エステと足裏マッサージが盛んな感じです。

士林(シーリン)の夜市近くには、足裏マッサージ+整体というお店が並んでいて、

日本語、英語、中国語などで、お店をアピールする音声が外に流れていたり、

「日本にも技術指導に行く○○先生」みたいな看板があったり、

観光客向けのお店がたくさんありました。

 

足裏マッサージの技術は学んでいませんので、詳しいことはわからないのですが、

足裏は体の色々なところにつながりを持っているといわれています。

足裏マッサージの本を読んで、どの部分がどこにつながっているかを調べても面白いですが、

なかなかそんな時間が取れないと思っている方は、とにかく足裏を刺激してみましょう。

 

青竹などに土踏まずをあてるようにして乗り、そこから指先の方に向かって足踏みをします。

ちょっと、痛いなぁ・・・と思うところがあれば、そこを入念に。

 

整体の施術をする時に、私も足の裏を診ます。

足裏マッサージのように、どこにつながるから、ここを押す・・・みたいなことはしませんが、

この関節が硬くなると、足首にねじれのクセが・・・なんて感じで調整します。

 

まずは、ご自分で足裏を刺激して、自力で整体をしてみましょう。