ある部分を動かして、痛みが出るときは、

痛みが出る反対側の動きをすすることで、

症状の改善が見られることが多い。

 

それは、反対側の動きをしたときに、

問題となる部分に刺激が加わり、

物理的な状態に変化が見られるからだ。

 

伸ばして痛ければ、曲げてみる。

捻じって痛ければ、反対に捻じってみる。

自力で行う整体みたいなものです。

無理のない範囲で、やってみましょう。

 

もちろん、これだけですべてが良くなるとはいえないので、

変化が出ないようなら、然るべきところで検査、治療を受けてくださいね。