先日、ちょっと胃が痛くなり、夜中に目が覚めるほどでした。

これは何かの病気かもしれないと、直近の木曜日に予約を入れて、胃カメラ飲んできました。

そしたら、全く問題なし。

 

先生も、「全然問題ないね」の一言しか言わないので、

「じゃぁ、あの痛みは何だったのですか!」みたいなことを、やんわりと聞いたら、

先生が、ちょっと考え込んで、胃がつっているんじゃない?とのたまいました。

 

攣っているということは、そこの筋肉が酸素不足な状態。

血液の流れが悪いか、筋肉を酷使して酸素が足りないか、呼吸がうまくできていないか・・・。

ご飯を食べた後に、痛くなることが多かったから、食べすぎということか・・・。

 

私の場合、カロリーが高いというより、暈が多い。繊維質のものをよく食べる。

ご飯の量を減らしてみたら、食後は物足りなさを感じたが、胃の痛みは感じない。

しばらくこの生活を続けたら、胃の調子は良いように感じます。

 

御飯を減らすのにオススメなのが、おかゆ。

量をとる割には、胃への負担が少ない。

炊飯器や鍋で作るのも、ひと手間なので、私はサーモスの「空断熱フードコンテナー」を使います。

 

夜寝る前に、よく洗った生米を入れて、お湯を注いで、おくだけです。

翌朝には、本格的なおかゆが完成しています。

胃腸の負担を減らしたい方、ダイエットを考えている方、おいしいおかゆが食べたい方にお勧めです。