仕事で、パソコンをしている人に多いのが肩こりさん。

キーボードを叩いている時の姿勢が問題になることが多いのですが、

姿勢を正そうと椅子を変えてみたり、高さを変えてみたり、キーボードの位置を変えてみたり、

色々、試行錯誤してもあまり変化が出ないという方も多いかと思います。

 

色々試して、肩こりがあまり良くならないと思う方は、ちょっとある部分を伸ばしてみましょう。

それは、肘より先の前腕部の部分。

この前腕部の部分を外側に捻じってみて、ちょっと硬さが感じられるようなら、この部分の筋肉が疲労しているのが問題かも?

 

キーボードを叩いている時の前腕部は、内側に捻じれている状態です。

この状態が長く続くことで、捻じれのクセがついている可能性があります。

この捻じれが強く出ていると、肩が自然と巻き込む方向に動かされます。

肩の巻き込みが、首と肩甲骨を結ぶ筋肉に負担をかけることで、肩こりが起こります。

 

肩こりがチョットひどい方、ぜひ試してみてくださいね。