最近、子供たちが給食を残すので、ふりかけを持参するのはいけないのか?なんて話題がありました。

 

人間の味覚は、子供の時に決定するらしく、

子供の時に食べた味が、その後の味覚を左右するというのだ。

 

先日来院された、保育士の方も

「今の子は、白米を食べない子が増えた」

「味がついていないと食べれなくなった」

と言っていた。

 

この味覚の問題は、将来の食生活に影響が大きくなるので、

子供の頃の食生活は、とても重要だ。

 

食生活からの生活習慣病を増やさないためにも、国全体で考えていかなければならない。

街中にあるお店も、売上だけを考えるのではなく、人の健康に影響する商売であることを知るべきだ。

(たぶん、知っているんだろうけど・・・。)

 

食事を作る大人の人には、そのことに注意して、食事を作ってほしい。

面倒だからと、ファストフードの味を覚えさせないことだ。

油や濃い味を覚えさせないで、日本人ならダシの味を覚えさせる。

ダシの染みた和食をおいしく感じる日本人が増えれば、日本の食文化は守られていく。

 

味覚は、エイッ!ヤァー!と整体すれば、改善されるものではないのが、もどかしい。