本日、整体院に来院された患者様。

整形外科や鍼灸でリハビリや治療を受けていたが、あまり良くならず、

YouTubeでみた、整体の動画を真似したら、思った以上に良くなった気がしたので、

上安松周辺の整体院を検索し来院されました。

 

リハビリや治療の内容を伺うと、

どうもリハビリや治療の受けっぱなしだった様子。

確かに、それでよくなる人も多いが、そうでない人もいる。

 

整体に来られる方は、そうでない人が多いように感じる。

患部にかかる負担を減らすようにすると、状態が良くなる方向に向かうが、

毎日の生活からくる負担を減らせなければ、今までと同じような経過をたどり、元に戻ろうとする。

 

この負担を減らすアドバイスが、必要な人は、状態が悪い人ほど多い。

もちろん、アドバイスされただけで良くなるわけでなく、本人が意識して実践する必要がある。

 

今回のアドバイスは、2つ。

体の使い方を左右同じように意識すること。

もう一つは、座布団を使ったあるトレーニングをすること。

 

体の使い方を左右同じようにすることは、負担のかかり方を平等にすること。

よく間違える方に多いのが、今まで、右を使っていたから、左を使おうとすること。

 

体の使い方は、頭が覚えている。

この頭に、左右均等になるような体の使い方を覚えてもらうことが、

歪んだ体を正常な状態に戻すためのクセ付けとなる。

 

トレーニングは、必要な人と、そうでない人がいるが、

筋力が弱くて、姿勢が作れないようなら、行う必要がある。

座布団は、ある部位を意識させるために必要な道具であるが、座布団にこだわる必要はない。

 

なかなか、体の状態が変わらないという人は、

整体で体を整えてから、体の使い方を意識してみましょう。