デスクワーク中心の仕事をしている人は、腰痛になる人も多いが、痔になる人も結構見受けられる。

座り続けていると、肛門部周辺の血流が悪くなるので、注意が必要だ。

さらに、今の季節は、足から冷気が入ってきて、お尻やお腹を冷やしやすい。

冷やすことによって、さらに血流が悪くなれば、粘膜組織の柔軟性や潤いが低下し、トイレに入って、切れやすくなる。

 

そんな人は、お尻周辺の血流を良くすることを考えよう。

血流や冷えを良くすることを考えると、動かすか温めるかということになる。

 

予防を考えれば、仕事中に小まめに座りなおすことが大切だが、集中しているとなかなか実行しにくいものである。

お風呂に入って、体を温めることが無難だが、忙しい人に限って、シャワーで入浴を済ませてしまう。

 

肛門部周辺をカイロなどで、温めてもよいだろう。

ただ、細菌感染により膿が出ているようなときや、症状が改善する気配がない時は、ほかの病気が考えられるので、病院での診察を受けましょう。