受験の日まで、もう少し。

一日、3時間の睡眠で、勉強していると、いつものところに痛みが出てくる。

腰痛と、背中痛だ。

 

しかも、この半年で10キロ増えてしまって、勉強よりもダイエットのことが頭をよぎる。

いやいや、こんなことを考えている場合じゃない。

 

お風呂に入れば、明らかにお湯のこぼれる量が増えている。

こぼれる量を見て、腹筋、背筋、スクワットに腕立て伏せだ!と気合が入る。

代謝量を増やさなければ!と、勉強どころではなくなっている。

 

私も学生時代は、3時間睡眠で勉強していました。

ちょっと少ないようですけど、ある一時期に限るなら、このくらいやっても大丈夫。

人間やればできるという経験を、しておくことも大事です。

 

3時間の睡眠でも、せっかくですから、眠りを深くして、体も気持ちも脳みそも、すっきりさせたいですね。

また、眠っている時に、記憶が整理されるので、受験生には、質の良い眠りは重要です。

 

湯船に浸かる時間も20分くらい欲しいところ。

体の緊張がゆるむことで、眠りの質も良くなります。

 

また、勉強に集中して、脳を働かせたいときは、食べ過ぎに要注意。

脳の酸素消費量を減らすので、腹八分目が理想的。

食事量を減らしたとしても、栄養はしっかり摂ること。

 

そして、集中が途切れてきたら、じーっと座っているより、適度に体を動かした方が、脳も活性化。

ちょっと、煮詰まってしまったら、バットでも振って、リフレッシュ。

 

ダイエットは、大学に受かってからでも大丈夫。

今は、勉強に集中するために、習慣をちょっと変えていきましょう。