肩こりの原因の一つになる、下部僧帽筋。

この筋肉が収縮すると、肩甲骨を下に引くことになる。

下に引かれた肩甲骨は、首と肩甲骨を結ぶ筋肉に負担をかける。

そして、肩こりへ。

 

このような肩の状態は、なで肩の人に多い。

肩甲骨の上部にある僧帽筋や肩甲挙筋といった筋肉の筋力が衰えているか

下部僧帽筋の筋力が強くなっているか、その両方か。

 

基本的には、

上部側の筋肉を縮めるように力を使い、

下部の僧帽筋をストレッチしたり動かしたりして、緩めることで、変化は出るが、

変化が一時的なものなら、体のほかの部分を見ないといけない。