患者さんが、ベッドにうつぶせになる。

手をベッドの下にいれて、いつもの姿勢になる。

ん!? ちょっと違和感がある。

しかし、この時私は違和感が何であるか、気づくことが出来なかった。

 

まずは、腿の裏から、調整を始める。

久しぶりの来院なので、ちょっと筋肉は固めだ。

ここで、患者さんと会話をした。

「年末に向けて、忙しくなりますか?」

「そんなに、忙しくならないみたいですね~。」

 

たわいもない会話をしていると、何が違和感なのか、わかってしまった。

 

うつぶせに寝ている患者さんのお尻のところに、普通なら、ないものがあるのだ。

そう、患者さんの履いているステテコが後ろ前反対なのである。

「いや、待てよ。こういうデザインということもある。」

「最近の服装にはリバーシブルというものがあるらしい」

「ステテコにも、リバーシブル機能があるものが出てきたのかもしれない。(この場合、リバーシブルとは言わないが・・・)」

「前側を見てみないと、はっきりしたことは言えないぞ。」

一通り、後面部の調整を終えると、患者さんに仰向けになってもらう。

 

そこで、疑惑は確信に変わる。

 

さて、どうしたものか?

このことを話した方が良いのか、話さないで、何事もなく過ぎ去るのを待つのが良いのか?

いや、患者さんのメンツもかかっている。

もし、途中で、この患者さんが気づいてしまったら、恥ずかしい思いをさせてしまうのではないか?

でも、どう切り出したらよいだろう。

 

あれこれ悩んでいると、現実的な考えも浮かんでくる。

そもそも、ステテコを逆に履いていても、施術には影響を与えるものではない。

私から、話を振って、恥ずかしい思いをさせるより、

気づいたときに、「いや~、全然気づきませんでしたよ~」とやり過ごせばよいのだ。

そうだ、黙ってやり過ごそう!

 

いや、待てよ。

そもそも、私は知ってしまっている事実を「いや~、全然気づきませんでしたよ~」なんて、

初めて知ったような顔をすることができるのだろうか?(役者でもないのに)

いや、たぶんできないだろう。

 

だから、祈ってやり過ごすのが一番だ!

 

「どうか気づきませんように・・・」と、念仏を唱えるようにしながら、

患者さんの意識がステテコに向かわないように、注意しながら、施術をしましたとさ。